男女

M&Aにはメリットが盛沢山|難しいことは専門家に丸投げ

このエントリーをはてなブックマークに追加
男性女性

企業の発展に必要なこと

M&Aには様々なメリットがありますが、将来を見据えたビジョンを持って行わなければ、そのメリットを十分に生かせない場合があります。現在抱えている問題や課題を十分に検証し、相手方との双方のメリットを十分認識して行うことで更なる発展を見込むことが可能となります。

ウーマン

効果的なビジネス戦略

M&Aはアメリカでは盛んに行われていますが、日本でも最近では行われるようになっています。売り手企業にも買い手企業にもメリットがあることが盛んに行われている理由になります。特にビジネス的に成長基盤にある事業は高値で取引されます。

専門業者に任せる

ビル

M&Aとは2つ以上の会社があることが前提で、合併したり、一方がもう片方を買収することをまとめたものです。M&Aには、買い手会社にとっては事業の拡大や新規事業への展開がしやすく、加えてあまりリスクを背負う必要がないメリットがあります。一方で、売り手会社側にとっては、資金調達ができることや、従業員の雇用維持などのメリットが考えられます。また、事業の成長という意味では、シナジー効果によって、商圏や販路の拡大によって、売上を伸ばし、コストを削減することも十分可能です。ただ、企業文化の違いなどから衝突が起きる可能性もありますから、M&Aは専門の仲介業者に任せることが望ましいでしょう。また、法律や会計、税務と言った専門知識が必要という意味でも、専門家に任せるべきです。このような事情から、相性のいいパートナー会社を探す営業力と、専門知識を備えた仲介業者が人気を集めています。

ひとくちにM&Aと言ってもその方法は多岐にわたりますから、知識として持ち合わせておくべきと言えるでしょう。ここでは、先ほど述べた、シナジー効果のメリットが発生しやすい方法と、そうでもない方法がありますから、簡単に確認しておきましょう。まず、M&Aのうち、合併や事業譲渡、会社分割の方法は、買い手会社が売り手会社の事業の全部、または一部を引き受けるため、シナジー効果が発生しやすくなります。これらのM&Aが成立した場合は、以後、同一会社として事業を行うこととなるため、企業の成長をもたらす可能性が高いのです。一方で、株式譲渡や株式交換、新株発行という手法を用いた場合には、同一会社になるわけではないため、シナジー効果のメリットが生じるのには少し時間がかかるでしょう。M&Aの手法を知ることで、目指すべき事業統合の形に合わせたベストな選択を探ることができますから、ぜひ、確認しておきましょう。

オフィス

企業買収で成長力アップ

M&Aは市場シェアを拡大するのに役立ち、新規事業への参入リスクも小さくなるほか、技術力が強化できる点もメリットです。M&Aが予測どおりのパフォーマンスを実現するには、事前の確かな調査と説明が重要です。